パソコン音痴ほどハイスペックを買うべき理由

パソコンに興味がない人ほどハイスペックのパソコンを買うべき

パソコンに興味がない人はよくロースペック(低スペック)・ミドルスペックを買った方が良い。と家電量販店では言われると思う。

決して間違った案内ではないが、僕はパソコンに興味がない人ほどハイスペックのパソコンを買って欲しいと思っている。

興味がないから・使用頻度少ないから低スペックでいい。は、

車で例えると、車に興味がないなら燃費が悪く・安全性が低い車でもいい。と言っているのと同じだ。

興味があること・使用頻度の高低、とスペックは必ずしも比例しない。

興味がなく・使用頻度も低い。でも必要だから買っているわけである。

パソコンをあまり使わない人や興味のない人はミドルスペックでもいい。はベストではない。

確かにそんなにこだわりもないし、使わない。だから、適当なスペック(ミドルスペック)のパソコンを買う。

これは決して悪くはない、だがベストではない。

私は常にベストな選択をしたい。そして、これを読んでくれているあなたにもベストな選択をして欲しい。

そして、しっかりと長く使えるものを買わないとダメだ

その持論を言論の自由に則り、勝手に書かせていただく。

なぜ買うべきなのか

低スペックは人を不幸にする

何と言ってもこれだ。

低スペックのパソコンは確実に人を不幸にする

パソコンが考えている時間は、短いようで長い。チリも積もればヤマ。

しかも、長いようで他のことをするには短い。その時間を他のことに使うことはできない。

結局、我々は待つしかないのである。これは人生の浪費だ。

時間はお金で買える。帰る時間は迷わず買いましょう。

スペックはどんどん陳腐化する

技術の進歩は凄まじい。そのうちターミネーターに人類は全滅させられるわけだが、

いま最高スペックでも来年にはもう最高スペックではなくなる。

なぜかと言うと日々情報量が増えているからだ。

ホームページのデータ容量は年々増え続けている。

引用:https://httparchive.org

取り扱う情報量が増えるとそれだけ高い処理能力が必要になるのである。

どうだろう。

動画の画質はどんどんきれいになり

写真はどんどんきれいになる

ホームページも動きがついたり、動画が流れたりする。

それを表示させるためには、能力が高いパソコンが必要なのだ。

それに応じてパソコンの性能も高くなる。

去年のハイスペックは今年のミドルスペックになる。

と言うことは今年のハイスペックは来年はミドルスペックになるわけだ。

ハイスペックパソコンの性能推移

ハイスペックCPUの推移(PASS MARK ベンチマークより引用)

ミドルスペックパソコンの性能推移

ミドルスペックCPUの推移(PASS MARK ベンチマークより引用)

買い替え周期を伸ばす

上記のように残酷だが新しいものはすぐに古くなる。

買った時はそこそこ使えるパソコンが次の年になると悲しいくらいに遅くなってしまう。

そうなると次のパソコンを買わなければいけない。パソコンを探して、比較して、設定をし直して、、、

と、僕みたいにパソコン好きなら全く苦ではないが、興味がない人が数年置きにそんなこと出来るだろうか?

やりたいだろうか?

やりたくないはずだ。

だから、快適に動くパソコンを出来るだけ長く、使うためにハイスペックパソコンを買って欲しい

リセールバリューも高い

とは言え、少しでも安いものを買いたい。

その気持ちは分かる。でも、高いスペックのパソコンはメルカリなどで売れる

きれいに使えば3年以内であれば、3分の1の値段以上では売れる。

買っておしまいではなく、資産として大事に扱って欲しい。

どれ買えばいいか分からない人は、マヨコレで

また来てね♡

で、結局何を買えばいいの?って人にお答えするのがマヨコレ(迷ったらこれ買っとけ)である。

決してランキング形式で紹介しないし、色々なパソコンのいい所悪い所を紹介したりもしない。

いま、買えば良い1台を紹介する。

だから、何を買えば良いか分からない人はその時が来たらぜひまた遊びに来て欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です