ビジネスマンが低スペックPCで働くのはサッカー選手がスニーカーでプレーするのと同じだ。

皆さんはパソコンのスペックにこだわっているだろうか?

多くのビジネスマンは会社から支給されたPCを何も考えずに使っているのではなかろうか??

会社から支給されているのでそれを使うしかない。と言う理論は分かる。

しかし、ビジネスマンにとってPCは商売道具だ。

その商売道具にこだわらない、と言うのは仕事に本気でないのと同義だ。

『蹴れるからスニーカーでいいや』

サッカー選手でいえば、スパイク

野球選手でいえば、バッドやグローブだ。

ビジネスマンにとってPCは毎日使うものであり、PCの使い勝手によって効率や生産性に大きな影響が出る。

もちろん、そこそこのスペックのPCでも仕事はできる。

しかし、勝負の世界で生きるサッカー選手が

『蹴れるからスニーカーでいいや』

と言う適当な気持ちでシューズを選んでいる選手はいない。

少しでも早く走れるように、少しでも正確に蹴れるように、

素人には分からないくらい細かい点までこだわっているのである。

ビジネスマンにとってPCはスパイクだ。

ビジネスマンにとってのPCはサッカー選手のスパイクと同じだ。

なので、ぜひ皆さんにもPCにこだわってほしい!

スペックはもちろんのこと、キーボードの打ちやすさ・配置・端子の数や位置にまで!

どんなPCを選べば良いのかを今後の記事で解説していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です