仕事を楽しむ人が持つべき心構え

いきなり偉そうなタイトルで本当に申し訳ないです。

別にビジネスで大成功しているわけでもないし、仕事が最高に楽しくて悩みなんかもなくて、最高!ハッピー!みんな!こっちおいで!ってわけでもない。

でも、社会人になった10数年前からずっと思っていることは、

クソつまらない仕事を40年以上続けるなんて無理

と言うことだ。

そう。仕事は楽しくしないといけない。人生の3分の1以上をつまらない。と感じながら過ごすなどこの世の地獄だ。

結論:楽しさとは振れ幅である。

楽しい仕事につきたい。と思って条件のいい会社を探すのは非常に危険だ。

楽しいは似ているが全く違うからである。

最初からレベル99のゲームをあなたは楽しめるか?

鼻くそをほじくってでも勝てるネットゲームが楽しいか?

最初は全然勝てなくて、でも少しづつ勝てるようになり、最初は勝てないと思っていたような相手も勝てるようになる。

その間には勝った何倍もの敗北と努力があるわけである。

つまり、楽と言うことは勝つこともなければ負けることもない。

なので、楽しいと感じることは絶対にない。

そして、仕事で楽しい!と感じるためには、その何倍もの敗北と努力が必要になるわけである。

敗北と過程を楽しむ

このように考えると楽しいとは一瞬である。

勝ったその時は楽しいが、勝った瞬間から次の戦いがスタートする。

そして、それは多くの敗北と努力が待っていると言うことである。

だから、勝つことだけが楽しいと感じるような仕事は続かないし、勝ち続けられない。

だから、勝てなくても・大変なことが多くてもそれでも続けられる。やりたい。と思える仕事でないとダメだと言うことだ。

勝てないのである。

サッカー選手も勝つために必死で努力をしている。しかし、優勝するチーム・選手以外はみんな負ける訳である。

それでもやり続ける。それは、サッカーをプレイすることそのことが好きだからだ。

ただし、そのような仕事に巡り会える確率は非常に低い。

でも、このことを知っているか、いないかで向き合い方が違うし、行動も変わるはずだ。

あなたが楽しい仕事に出会えることを心から祈ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です